恋するお花で口説き落としてみよう

ロマンチックで絆で結ばれた関係

恋愛(れんあい)に関して言えば、人間が他の人に対して抱くとてもロマンチックで絆で結ばれた関係を求める感情で、加えて、その相手に対する感情に基づいた多くの恋慕で一杯になった表情や振る舞いを伴うことが多い。

 

いい情報です。あなたとの会話をしながら、好意のある相手が、あなたの方をじっと見つめてまばたきをほとんどしないようなら、いいなと思っている可能性だって結構高いわけです。

 

驚きの情報!

 

暗闇の心理的効果はピカイチ!

 

瞳が広がることで、近づきたい異性が近づく。

 

特別な場合以外、人は、好きなものに対して、じっくり見ようとして、瞳を大きくする。

 

意外なことに現代で、優れた遺伝子を持っている若い男は減少している。

 

それに加えて若者の精子量はだんだん減少しているらしい。

 

こういう理由で遺伝子が優秀な年のかなり離れている男性のことを女性は追い求める。

 

これが年の差婚が生まれるメカニズムだ。

 

異性への愛情がなくなるにしたがってオキシトシンという不思議な効果のある物質が体内でわずかながら分泌され、物質の効果で体が硬くなる。

 

男の人の手を触って柔らかさを感じなければ相手を愛する気持ちがなくなったれっきとした証拠かもしれない。。

 

男が涙を見せると女心をひきつけることができる可能性はあるが、そのときの状況によっては「価値の無い泣き虫男」に思われる想像もあるだろう。

 

本当の恋をしている人は聞き分けというものがきかない可能性が高い。

 

言い換えるならば、聞き分けというものがきちんとできる場合であれば錯覚ではない恋をしていない心だという証である。

 

恋する人は、学問の成績が落ちることが多い。

 

理由は左脳は論理脳として、右脳が感覚脳として主に働きが分かれ、恋する人がいる状態ならば気持ちを支配する右脳を中心に機能しているから。

 

男性は自分の彼女にしたい人が自分にしゃべりかけているときにしゃべっている相手の目を見る人が少なくない。

 

二人で話をしているときに聞きながら目を他に目を向けず見つめてくれているかが、手に入れたいかどうかの見分ける基準になります。

 

「今評判の占いによると、私たち二人はすごくいい相性だって」と言ってごらん。

 

すばらしい結果を口に出して確認することで「自分たちは必ずうまくいく」というそのとおりになると思わせる状況になることが予測できる。

 

いわゆる「犬好き」は感情が表現豊かなパートナーであってほしい。

 

自分の注いだ情の分だけ自分にだって応えてもらえる、そのようなパートナーを考える場合が多い。

 

女性は聞くことよりも話すことが気持ちいい。

 

自分の話だけを飽き飽きするほど話し続ける男性はただのばか野郎。

 

周りを見て必ず話を聞いてもらうのがうれしいな女性に話してよとたのむことが肝心。

 

恋人に巡り合うために最重要のとっても大事なワザは一体何なのかと知りたがっている人がいれば、私は即座に、ありがたいチャンスをとらえる事と答えるに違いない。第二でも、第三でも同じ答えやっぱりそれだ。

 

悪童理論なる理論はこういうこと。いつもはやさしさに欠け、ずっと恋人を大切にせず乱暴に扱っているのに、ときおりのぞかせる優しい言葉に慣れていない女性の恋人は心が動かされるということなのです。

 

近づきたい異性と二人でいるとき、二人がそっくりなことをしているか確認してみては?一緒の時間を過ごしているとき、その人が自然に自分とよく似たしぐさをするようなら両想いのサイン。

 

こんなときはおしゃれなお花でアプローチしてみましょう。